Top Gallery Thoughts How I Draw Shop Links BBS E Mail
   このページでは、「熟女」や「おもらし」その他、私のイラストに描かれるいつくかのテーマに対する私の「思い」を、不定期かつ少しずつ書き連ねていきます。文字にして記すことで自分自身を客観的に捉えるという目的も兼ねて…。
 共感していただける部分もあれば、相容れない面もあるでしょう。しかし、作品の背景にある「思い」を知ると、また違った観方ができるかもしれません。イラストをご覧いただく際の味付け程度に、お時間のある際にでもお読みいただければと思います。
     In this page, I will write about my thoughts on the themes of my illustrations, hoping that by doing so I will be able to analyse my own fetish, and for those of you visiting this website, knowing the thoughts behind the works will hopefully enable you to appreciate the pictures from differing point of views.
   I am sure that not everybody will be agreeable to my thoughts, but a few minutes of reading should add some taste to your appreciation.

 


1.ギャップに萌える
(2011年1月14日)

   私は、一般的に「してはいけない」「するのは良くない」とされるような性的な行為や、尋常であればするはずもないような変質者的なことを、清楚で知的な大人の女性が快感に酔いしれながら行うというギャップに興奮を覚えます。特に、強い背徳感を伴うことが想像される「露出」「自慰」「おもらし」の3つの行いは、よほど気分が高揚しなければ実行することはないであろうことから、これらの行為に及んでいる女性は即ちそのとき性的興奮状態にあると思われ、その場面を捉えた図像は格別にセクシャルなものとして、私の目に映るのです。
   ここで私の言う「清楚で知的な大人の女性」とは、派手ではなく、身だしなみに気を遣う、多少保守的な趣きさえ漂う女性です。先述の「ギャップ」を最も感じるタイプです。したがって私が描くイラストには、そのような女性の典型として、「そんな厭らしい妄想、おやめなさい」と年下男性を諭しそうな、私よりも年上と思しき女性が頻繁に登場します。もちろん例外もありますが、華やかで貞操感の薄そうな若い女性や、意思が弱く男性の言いなりになりそうな女性は、敢えてそのようなテーマを設けない限り描きません。
   「卑猥なことなど興味すらなさそうな女性がとる衝撃的な行動」を妄想しながら描く私のイラストは、結果的に、露出が多く鮮やかでセクシーな「魅せる下着」ではなく他人には絶対に見せないような色気のない普段着的なショーツを履いての「おもらし」や、胸の大半を覆い隠すフルカップ・ブラジャーを強引に内側に折り込んで乳房を取り出しての「露出」といったシチュエーションとして表現されます。


1. Longing for the Gap (Jan.14, 2011)

   I have always been attracted by the gap between a neat and intelligent lady and her getting lewd through the performance of sexual activities that are generally interpreted to be foolish or inappropriate. Speaking through my own sense of values, exposure, masturbation, and wetting are the top three among them, regarding how excited one has to be in order to carry out such obscenities. Pictures depicting these kind of scenes therefore seem stupendously sexual to my eyes.
   The “neat and intelligent lady” in which I mention above is a well-groomed woman, not gaudy, and somewhat conservative. As a typical figure of the kind, I often illustrate women who are likely to admonish silly younger men like me for the
fantasizing. There are exceptions of course, but unless I intentionally set a theme for a particular reason, I seldom draw a flamboyant woman of obviously loose morals, or a weak-willed obedient young girl.
   The fantasies of “a shocking activity executed by a woman who apparently had no interest in obscene matters” result in descriptions of urination in unromantic panties that largely cover the bottom, or breasts hastily exposed from inward-folded brassieres.
   


2.ふくよかな女性の魅力(2012年7月9日)

   人類は太古より豊満な女性を子孫繁栄や無病息災の象徴と位置づけてきました。また、豊かな体を作り上げ、維持するためには十分な食料が必要であるため、ふくよかな女性は豊作や富の証しでもありました。世界中、もちろんここ日本に於いても、丸々とした女性を象った偶像が各地で出土しています。いずれも宗教的な儀式などで使われていたとされますが、私の考えでは、エロティックな鑑賞物として殿方の妄想をかき立てることも少なからずあったのではないかと思います。男性を性的に興奮させることは子孫繁栄にも繋がりますから、そう考えるとたいへん理に適ったフィギュアだったと言えるでしょう。  
    必要以上に露出の多い女性が登場する写実的な西洋の宗教絵画などもまた、神聖な存在を理想的な人間の姿として表現すると同時に、現代で云うところの「エロ本」のように男性を喜ばせるという一面もあったかと想像します。厳しく禁欲的な生活を送る修道僧にとって、貴重な「ネタ」になった可能性も否めないのではないでしょうか。事実、あまりのエロさに厳格な教会側が難色を示し、完成後に修正を施された宗教絵画も多いようです。  
    今日では些細な病気とされるような病でも多くの人があっけなく命を落としていたつい数十年前まで、一般的に「美人」といえば今の基準からすれば太めの女性を指す言葉でした。病気を患うことなく健康に生きてきた証だったのでしょう。その後、医療の発達や生活水準の向上などによって人類の平均寿命が伸びて、痩せていても生命の危険まで考えなくてよくなると、ダイエット商品や痩せるためのサービスを提供する会社が世の女性に「ふくよかになってはいけない」という脅迫めいた考えをメディアの力を借りて植え付けました。そして遂には男性までもが「美しい女性というのは、痩せている女性のことをいうのだ」と、性の本質を考えることもなく思い込むようになってしまったわけです。  
    私は、心身ともに健康で健全な女性は結果として自然とふくよかになるものだと思っています。女性らしい丸みや柔らかさ、女性ならではの緩やかなライン…。男性としての本能を忘れていない私は、そこにこそエロスを感じ、だからこそそれを強調して描いているのです。


2. The Charm of Full-Figured Women (Jul. 9, 2012)

   Since time immemorial, mankind has intertpreted full-figured women as a symbol of fertility and sound health. Such women have also been a proof of good harvest and wealth, for plenty of food is needed to build and maintain a plump body. Numerous iconical sculpture modeled on plump women are excavated throughout the world. While being said that they were ment to be used in religious ceremonies, I personally think that the statues served in addition as erotic figures that would kindle the men's fantasies. If so, the statues are extremely consistent, for sexually inflaming the men would accordingly lead to fertility.
   I also assume that historical religious paintings with female figures excessively exposing their body not only described the appearances of sacred beings as ideal human forms, but entertained men just like the pornographies of nowadays. For the monks spending strictly abstemious days of service, the paintings might have been precious "materials". In fact, there are religious paintings that show traces of modifcation, probably under the orders of the church who judged that the art work was too erotic.
   Until several decades ago, when many people still died from diseases that are easily curable today, the word "beauty" stood for women who seemed healthy, vital, and visually plump compared to today's standards. The progress of medical care and the improvement of living conditions then helped the extention of our average life span, and we gradually became uncautious about being unnaturally thin. This let companies selling diet products and weight-loss programs brainwash women with the idea of "being plump is bad" by using the mass media. Sadly enough, many men too, now blindly belive that "twiggy women are beutiful" without even thinking about the nature of sexuality.
   I belive that women of healthy body and spirit resultingly become plump. As a man who has not yet forgotten the male instinct, I feel eroticism in their smooth feminine cuves and their softness and roundness, which are exactly what I am trying to reproduce with emphasis in my illustrations.
 


Copyright Ⓒ All rights reserved. Munio 2011-2014